ウメダハウジング

お問い合わせ

Making こだわりの「家づくり」

ウメダハウジングが考える「家」とは

 生きものである人間が、無機質な資材の箱(家)で生活するのではなく、より有機的な資材(無垢の木)の家で健康生活を送って欲しい。
 そして、木のぬくもりや太陽熱、風、光などの自然の力をいただきながら、安全で省エネで、健康に暮らしていただける家づくりをしています。

代表取締役 梅田 喜文

 
ウメダハウジングの家づくりの基本

一.丈夫な家をつくります。

自然乾燥させた「三重の木材」をふんだんに使用し、建築基準法に基づいた責任施工。
地震に備えた工法や金物も使用し、耐震性にも十分配慮しています。

一.お客様の生活に合った家づくりをお手伝します。

家(住まい)はカタログから選ぶものではなく、家族でいろいろ考えながらつくるものです。ご家族の生活に合わせた家づくりのため、全力でサポートいたします。

一.お客様との長いお付き合いを大切にします。

家づくりは完成して終わりではありません。万が一、メンテナンスが必要な事が起これば10年間は無償でメンテナンスを行います。「お家のドクター」として、長いお付き合いをさせていただきます。

一.不健康の原因となる様な家はつくりません。

無垢材を使うことで調湿効果を高めて結露を防ぎ、カビやダニの発生を抑えます。天然素材を多用し、シックハウスの原因である化学物質をできるだけ使わない家づくりを行っています。

一.誠実な家づくりに努めます。

木造建築には、さまざまな専門の職人が携わります。長年培った知識と技術を注ぎ込み、お客様の想いに応えます。それが、何世代にも渡って使っていただける住まいになります。